「お前が言うな」「万死に値する」 鳩山元首相「辺野古以外」発言に大反発

印刷

   民主党の鳩山由紀夫元首相の「辺野古以外」発言に対し、「お前が言うな」とばかりにインターネット上などで大合唱が起きている。

   首相時代の鳩山氏の「沖縄県外移設」発言で大きく迷走した米軍普天間飛行場移設問題に関して、鳩山氏はここに来てまたもや「辺野古以外」を主張したのだ。

「この言動だけは許せない」

鳩山元首相に「オバマ大統領からの手紙」が届いたそうだが…。
鳩山元首相に「オバマ大統領からの手紙」が届いたそうだが…。

   鳩山発言に対しては、ネットの一般利用者のみならず、テレビ・コメンテーター、政界、元外交官らからも強い反発が起きている。辺野古移設の是非はともかく、「鳩山元首相には語る資格なし」ということのようだ。

   鳩山元首相は2011年12月5日に東京都内で行った講演で、「辺野古以外の所があるかどうか。私はないとは思っていない」「官邸で主導して探す努力を続けるべきだ」と述べた。

   鳩山発言に対し、「政治家として万死に値する」と語気を強めたのは、翌6日朝放送の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)に出演した杉尾秀哉・TBS解説委員室長だ。

   「(鳩山氏が首相のとき)沖縄の人をどれだけ傷付けたか、どこまで理解しているんでしょうか」と首をひねった。

   陸上自衛隊出身の佐藤正久参院議員(自民)は、6日のツイッターで、「鳩山氏がそれを言うか!と沖縄の方は怒ると思う」と指摘、議員自身も「朝から怒りが」と腹を立てている。

   これまでは鳩山氏について「憎めないところがある」と思っていたという元外務官僚の天木直人氏も「この言動だけは許せない」と憤っている。駐レバノン大使も務めた天木氏は、6日のブログで「どうしようもない政治家」と断じた。

   仮に鳩山氏が首相当時、「退陣はするが『県外、国外移転』の自身の考えは貫く」と訴えて辞めていれば、辺野古移転の見直し検討はその後も続いた可能性があった。しかし、鳩山氏は「『日米合意を守る』と言って辞めたのだ」。何を今さら、というわけだ。

藤村官房長官も困惑気味

   ネットの2ちゃんねるやツイッターをみると、「どの面下げて言ってんだろな」「日本中の『お前が言うな』が聞こえる」「『お前が言うな大賞』決定」などと、怒ったりあきれたりしているコメントが相次いでいる。

   鳩山氏は、2009年の「政権交代衆院選」の直前、自民党を皮肉るように「首相まできわめた人がその後、影響力を行使することが政治の混乱を招いている」と批判し、自分はそうはならないと訴えた。

   そして10年6月の首相退陣の際にも「総理たるもの、その影響力をその後行使しては、行使し過ぎてはいけない」「従って私は次の総選挙には出馬は致しません」とテレビカメラの前で力強く語った。

   しかし、その後軌道修正を続け、同年12月には「(次期選挙での)政界引退」を撤回し、批判を浴びた。

   今回の鳩山発言に関する質問を受け、藤村修官房長官は12月6日の参院外交防衛委員会で、「どういうことか真意を聞きたい」と答弁した。「さまざまに模索し、既に探し尽くした」との見解も示し、困惑ぶりを露わにした。

   まさに鳩山氏のかつての発言通り、首相経験者の発言が「政治の混乱を招いている」典型例のようだ。

   もっとも、辺野古への移設について、「米国側も実は、辺野古は困難とみてグアム移転への変更を模索している」などの指摘が出ているのも事実だ。民主党の川内博史衆院議員は6日のツイッターで、同様の指摘を行い、鳩山発言を擁護している。

   しかし、「辺野古以外」の模索については、「鳩山氏抜き」で議論した方が実りがありそうな情勢だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中