日本人の平均身長完全に伸びが止まる 今後「低くなる」可能性を専門家は指摘

印刷

   日本の児童の身長は平成9年~13年度あたりをピークに「横ばい」で、ここ10年以上日本人の身長は変わっていない。文部科学省が発表した「平成23年度学校保健統計調査」でこんな結果が出た。

   しかも、「これ以上日本人の身長は伸びない」だけでなく、専門家の間では「今後は低くなるのではないか」という驚くべき見解も出てきた。

これが日本人「種」の限界?「環境因子」の力も尽きた

   「学校保健統計調査」は、満5歳から17歳までの児童を対象に身長や体重、肥満傾向などについて毎年実施しているもので、平成23年度の調査結果によると17歳男子の平均身長は170.7cm、17歳女子の平均身長は158.0cmだった。

   ちなみに、13年前の1998年(平成10年)と比べると、17歳男子は170.9cm、17歳女子は158.1cmで今とほとんど差がない。ほかの年代を調べてみても、男女問わず変化は微小で、日本人の身長は10年ほど前から「伸び止まり」しているようだ。

   日本子ども家庭総合研究所の衛藤隆副所長は「日本人の成長はもうそろそろ止まったと思う」と言う。その理由は何なのか。

「もともと身長は遺伝的要因が強く出ますが、戦後右肩上がりに伸びてきたことを見ると、栄養やライフスタイルなど『環境要因』が大きく影響したと考えられます。ですが、生活環境もベストな状態となった1980年代にグラフは横向きになり、20世紀に入ってからは数字がほとんど変わりません。この結果を見れば、これ以上『伸びる要因がない』といえます」

   このように、専門家の間では「日本人の身長は伸びきった」という考えが主流のようだ。しかも、衛藤副所長は「今後は、反対に小さくなる可能性もある」と指摘する。

女性のスマート願望が招く「低身長化」

   厚労省は1950年から10年に1回の割合で乳幼児の身体調査も行っているが、調査をはじめた頃は順調に右肩上がりだった平均出生体重が、1990年ごろをピークに下降し始めている。

   衛藤副所長は原因として「妊娠中も体重をコントロールする『スマート願望』や、糖尿病への過度な注意喚起」を挙げる。つまり、妊婦が栄養摂取を控え、それによって生まれてくる子どもの体重に変化が出てきているというのだ。出生体重低下は、その後の成長に少なからず関係があるという。

「『人の成長は幼児の段階で決まる』という研究があります。もしそうであるなら、出生時に小さければ、今後は小学生から高校生まで徐々に体格が小さくなっていく可能性があります」

   平均出生体重が下り坂になってからの調査はまだ始まったばかりで、現段階ではあくまで仮説にすぎない。だが、今の乳幼児たちが成人する十数年後、その答えは明らかになっていくかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中