「少女時代の日本語ラップわからない」 K-POP批判?浜田雅功発言が波紋

印刷

   お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功さん(48)がフジテレビの歌番組で、「少女時代」が日本語で歌ったラップがよく分からない、と発言した。ネットではこれをK-POPを痛烈に非難したものと解釈し、波紋を呼んでいる。

   「ダウンタウン」が司会を務めたのは、2011年12月19日放送の「HEY!HEY!HEY!生放送みんな元気になるXmasスペシャル」。この番組はK-POPグループが多く出演することで知られ、10月にはK-POP特別番組も放送された。

「ボイスフォローがないとよくわからない」

   今回の放送でも「KARA」や「東方神起」といった大人気グループが登場した。そして、「少女時代」が華麗なパフォーマンスを披露した後に、浜田さんは気が抜けたような表情でこう言ったのだ。

「なんかぁ、長かったね」

   確かに、直前に出演したJ-POP「いきものがかり」の演奏時間は約3分で、「少女時代」は約4分だった。相方の松本人志さんは浜田さんの発言に対し、

「なんでこんなに押しちゃったんですかねぇ?」

とボケてみせると、

「いや、途中で色々しゃべってますしね。これ、曲はいいんですけど、こうやって見てたら、何を言っているのか、ボイスフォローがないとよくわからない」

と説明した。「しゃべってる」というのは、少女時代の曲にある日本語のラップを指すとみられる。

   浜田さんの発言は番組の雰囲気を一変させてしまった。「ダウンタウン」の後ろに座っていた大勢の出演者達もシーンとなった。アイドルグループ「AKB48」のメンバーにも少々緊張が走ったようだった。

「よく言った!!!!さすがハマちゃん!」

   「うわっ、言っちゃた」「マズイよね?」とでもいいたげな苦笑を漏らすメンバーもいた。松本さんが、

「(今の発言であなたは)どうしたいんですか!?」

とたずねると、

「しらない」

と答え、会場の緊張がほぐれて爆笑となった。

   ネットでは現在も韓流ゴリ押し、韓流偏向報道のフジテレビに対する批判は継続している。浜田さんの発言は大きな話題になり、

「これ本物だ。浜田おもろすぎるw」
「浜田カッコイイなー。オレこんなこと言う勇気ないよ」
「よく言った!!!!さすがハマちゃん!」

などと大騒ぎになった。一方で、浜田さんは通常通りに出演者を弄っているだけという見方も出ている。日本人の出演者に対し同じことをしても何の問題にもならない、とし

「やばいのは浜田じゃなくて、この発言で凍りつく芸能界の空気だろ」
「本当にみんな韓国を批判するの怖いんだな」

などという意見も出ている。また、今回の発言で浜田さんの芸能界での立場が危うくなるのではないか、という心配も出ているが、こうしたキャラなのは誰でも知っているし、あれだけの大物芸能人だから大丈夫だろう、というのが大方の見方になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中