ガダルカナル・タカも心配 岸部四郎、笑えない「激ヤセ」ぶり

印刷

   タレントの岸部四郎さん(62)が年明けからテレビのワイドショーに出演したのだが、余りの激ヤセぶりにネットで心配する声が多数挙がっている。

   岸部さんが出演したのは2012年1月6日放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ)。

「大変ですよ、しんどくて」

   2003年に脳出血を患い、以前から番組でも体調が悪いことを訴えていた岸部さんだが、この日の放送では前回、2か月前に登場したときより痩せてしまっている。頬はこけて髪が抜け、顔全体も青白い。10年前、「ルックルックこんにちは」で司会を務めていたときとはまるで別人のようだ。表情も乏しく、「あけましておめでとうございます」の言葉にも力がない。

   食事はちゃんととっているか、とスタッフに聞かれても「指に力がなくなって、お箸(はし)を使うのが難しい」。数百メートル歩いただけでも息切れするといい「大変ですよ、しんどくて」。妻に先立たれてしまったため、ずっと一人で寂しく「本当は再婚できればいい」とも話していた。

   最後に、現在の思いを書き初めで表してほしいといわれた岸部さんが選んだ文字は「活」だった。

「生活の『活』、活力の『活』、全部僕に欠けているもの。そういう意味を込めました。今年がね、けっこう際にきている。ここをなんとか踏ん張って前に押し返さなきゃいけない。復活の『活』でもありますね。以上です」

「何があったの?」「すごく心配」

   全体的に非常に元気のない岸部さんだったが、スタジオでコメントを求められたガダルカナル・タカさんも「もう普通のお笑いでは手の届かない領域に入ってきましたね。今やばいなーこれ」と若干困りながら話していた。

   岸部さんの様子は2ちゃんねるやツイッターでも話題となり、「岸部シローさん大丈夫……?」「御飯食べてよ」「誰かなんとかしてあげて!」「すごく心配」といった声が挙がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中