長谷川洋三の産業ウォッチ
トヨタ名誉会長の楽観:「2013年は良くなるよ」

印刷
「来年は良くなるよ。今年は平穏であることを祈るばかりだ」

   早くも来年に期待を寄せるのはトヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長だ。2012年1月30日、東京都内のホテルで行われた故松永信雄元駐米大使のお別れ会で今年のトヨタ自動車の見通しについて尋ねた私にこう答えた。

   豊田名誉会長はトヨタ自動車の会長時代に日米自動車摩擦を経験、当時の松永大使とは頻繁に連絡があり、「大変お世話になった」と懐かしむ。

追われる立場から再び追う立場に

   ただ2011年のトヨタ自動車は低調だった。世界新車販売台数ランキングで米ゼネラル・モーターズが1位に復帰、独フォルクスワーゲンにも抜かれて3位に転落、追う立場から追われる立場になり、再び追う立場となった。

   「世界一位は結果的にそうなるとしても求めるものではない。1位の座はたたかれることも多い。しばらくはみなさんのお手並みを拝見したい」――。3年間守った1位転落にもめげず、余裕さえ感じられた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中