最高裁が「パブリシティー権」認定 ピンク・レディーの請求は棄却

印刷

   週刊誌「女性自身」に写真を無断で使用され、名前や写真を商業目的で無断で使われない権利「パブリシティー権」を侵害されたとして、歌手のピンク・レディーが発行元の光文社を相手取って損害賠償を求めていた訴訟の上告審判決が2012年2月2日、最高裁であった。第1小法廷(桜井龍子裁判長)は、パブリシティー権が法的権利であることを認める一方、雑誌に掲載された写真は「記事を補足する目的」だとして違法ではないと判断。原告の訴えを退けた。

   問題とされた記事では、ピンク・レディーの楽曲の振り付けをまねるダイエット法を、ピンク・レディーのモノクロ写真14枚を交えて紹介していた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中