最高裁が「パブリシティー権」認定 ピンク・レディーの請求は棄却

印刷

   週刊誌「女性自身」に写真を無断で使用され、名前や写真を商業目的で無断で使われない権利「パブリシティー権」を侵害されたとして、歌手のピンク・レディーが発行元の光文社を相手取って損害賠償を求めていた訴訟の上告審判決が2012年2月2日、最高裁であった。第1小法廷(桜井龍子裁判長)は、パブリシティー権が法的権利であることを認める一方、雑誌に掲載された写真は「記事を補足する目的」だとして違法ではないと判断。原告の訴えを退けた。

   問題とされた記事では、ピンク・レディーの楽曲の振り付けをまねるダイエット法を、ピンク・レディーのモノクロ写真14枚を交えて紹介していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中