天皇陛下、検査入院 冠動脈の状態調べる

印刷

   天皇陛下は2012年2月11日午前、心臓の筋肉に酸素や栄養を送る冠動脈の状態を検査するため、東大病院(東京・文京区)に入院された。11日夜は経過観察のため1泊し、12日に退院する予定。

   時事通信の報道などによると、検査は腕の動脈からカテーテルを挿入する方法で実施される。陛下は11年、激しい運動の際に心臓に流れる血液量が減る「心虚血状態」になることがわかり、2月に同様の検査を受けた。薬を飲んで経過を見てきたが、その後の心電図検査で軽い運動の際に虚血状態を示す変化が見られたため、改めて検査を受けることになったという。

   宮内庁と医師団は検査結果と今後の治療方針について一両日中に発表する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中