九電、最終赤字1700億円 燃料費増加響く

印刷

   九州電力は2012年3月13日、12年3月期の連結業績予想を発表した。最終損益が前期の287億円の黒字から1700億円の赤字に転落する。原発の停止で火力発電の燃料費がかさんだ上、他社から電力の融通を受けたことも損益を圧迫した。最終赤字は、同社が連結決算の発表を始めた95年3月期以降初めて。九電管内では原発全6基が停止しており、再稼働のめどは立っていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中