消費税に「政治生命賭ける」野田首相 不成立の場合「どうするかは私の胸三寸」

印刷

   消費増税関連法案が2012年3月30日に閣議決定されたことを受け、野田佳彦首相は同日夕方、首相官邸で記者会見した。成立に「政治生命をかける」としている野田首相だが、その内容については「解釈するのは、やぼ」とかわした、さらに、「どうするかは私の胸三寸」とも述べ、あらゆる可能性に含みを残した。

   約30分にわたって行われた会見では、年度内に閣議決定と国会提出にこぎ着けたことについて、

「与党の同志の皆さんに誇りを感じている」

と述べる一方、国民新党が事実上の分裂状態におちいったことについては、

   「国民新党の党議については、私が解釈する話ではない。ただ、朝の会議の段階で自見(庄三郎)大臣が閣僚として署名していただいたことについては、万感の思いで感謝した」と、踏みこんだコメントは避けた。

「その解釈を云々するのは、やぼじゃありませんか」

記者会見の臨む野田佳彦首相
記者会見に臨む野田佳彦首相

   野党に対しては、

「多くの議員の皆さんは、社会保障を安定、充実させ、そのための安定財源として消費税が必要でだと思っていると思う。政局ではなく、大局に立つのであれば、『政策のスクラム』を組むことは十分に可能だ」

と、引き続き協議を呼びかけた。

   野田首相は、今国会の会期中の成立に持ち込みたい考えで、仮に成立させられなかった場合の責任の取り方について、

「国民の信を問う、あるいは退陣するという意気込みだと理解して良いのか」

と問われると

「そう簡単に理解しないでください」

と苦笑。その上であらゆる含みを残した。

「『政治生命を賭ける』というのは文字通りに受け止めていただきたい。その解釈を云々するのは、やぼじゃありませんか、ええ。ただ、『政治生命を賭ける』と言ったことは事実。賭けてます。どうするかは、私の胸三寸。しかも『通らなかったら』という悲観的な『たられば』については、私は今想定していない」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中