巨人、朝日新聞に訂正掲載要求 契約金報道は「誤報」

印刷

   プロ野球・読売巨人軍と同球団所属の4選手は2012年4月27日、朝日新聞による「契約金」をめぐる報道が名誉毀損とプライバシー侵害に当たるとして、社外有識者からなる朝日新聞社の「報道と人権委員会」に対し同紙に訂正・謝罪記事の掲載を求めるよう申し立てた。

   28日付の読売新聞朝刊では「朝日契約金報道は『誤報』」との見出しで、選手の談話や他球団幹部からのコメントなどが掲載され、今回の申し立てを「球団は選手を守るため、選手は自ら決断して申し立てに踏み切った」と評価し、朝日報道を「読者を誘導する歪曲報道とみなされてもやむを得ない」と批判している。

   朝日新聞社は「報道と人権委員会の判断を見守りたい」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中