塩谷瞬が「かわいそう」「利用された」? 園山真希絵のテレビ告白でネット世論が一変

印刷

   「二股騒動」で今や時の人となった俳優の塩谷瞬さん(29)はテレビや週刊誌などでバッシングの的だが、意外にネットでは「塩谷だけが悪いのか?」「塩谷が可哀想に見えてきた」などと擁護の声が挙がった。

   きっかけになったのが2012年5月11日にTBS系で放送された「中居正広のキンスマスペシャル」。この日は塩谷さんに二股をかけられた料理評論家の園山真希絵さん(34)が登場し、塩谷さんとの関係を再現ドラマを交え赤裸々に語ったが、いろいろ腑に落ちないことがある、というのだ。

この男は私以外に再生させることは無理!

   塩谷さんを巡る騒動はまず、写真週刊誌「フライデー」が2012年5月4日号で冨永愛さん(29)との熱愛をスクープした。冨永さんは出演したテレビ番組で交際を認め塩谷さんも「最高の人です」とブログに書き結婚間近と報じられたが、冨永さんはその3日後に交際を否定。「フライデー」は5月11・18日合併号で、編集部に怪文書が送られて来たとし、その中身は塩谷さんと園山さんとの交際だったと報じた。

   そこから二股騒動が拡大し、塩谷さんは記者団の前で泣きながら「2人とは交際当初から結婚願望があった」と認めた。

   11日放送の「キンスマ」では園山さんの2時間スペシャルを放送し、塩谷さんとの関係が赤裸々に語られている。2人が出合ったのは塩谷さんが園山さんの店に食事に来た半年前で、交際は今年2月から始まったというものだ。園山さんはこう語った。

「『バカでアホな男』と初めから知っていて、ダメ過ぎるから、このままではもっと堕落していく」
「この男は私以外ダメだと思った。再生させるのが無理。(私には塩谷を再生させる)使命感があった」

   そうして交際が始まったのだという。食が変われば人生も変わる、という考えから毎日のように40種類の食材を使った栄養バランスのいい弁当を塩谷さんのマンションの宅配ポストに届けた。外食などデートの費用は園山さん持ちだった。

「私は塩谷と婚約している気がするんだよね」

   日帰り旅行で4月15日に園山さんの実家がある出雲に行き、親戚に塩谷さんを紹介。16日も一緒に食事をしたが、塩谷さんが冨永さんにプロポーズをしたのは、実はその食事の数時間後だった、と園山さんは語った。

   塩谷さんと冨永さんとの関係を知ったのが4月19日。この日、大親友の冨永さんが男性を連れて園山さんの店に来ることになっていたが、その男性は来なかった。冨永さんは明日発売の「フライデー」に自分の記事が掲載されると打ち明け

「結婚相手だからいいよね」

と言ったのだそうだ。その男性の名を聞くと、塩谷瞬という名前が冨永さんの口から出た。園山さんは

「あれ?私(塩谷さんと)婚約している気がするんだよね」

と言いそうになったが、「おめでとう」と言うしかなかったのだという。

   塩谷さんと冨永さんが結ばれるのならば潔く身を引くつもりだったが、なぜか「二股交際」騒動になってしまい、渦中の人としてクローズアップされてしまった、と語った。4月20日に塩谷さんが園山さんの元に泣きながら謝罪に来て、「どうしてこうなったの?」と聞くと塩谷さんは、「わからない」と答えたという。

   そして園山さんは今回の騒動を振り返り


「私も、愛ちゃんも、弱い子だったら自殺してもおかしくはない」

と語った。一方で、司会の中居正広さん(40)から、塩谷さんと別れたけれど

「忘れられないんじゃない?ほっとけないと思うな」

などと指摘されると否定はせず微妙な表情になった。

塩谷瞬は「無罪!」という声も

   この番組が終了するとネットでは、これまでの報道にない色々な事がわかったし、「腑に落ちないことも多い」などとして議論が始まった。最大の疑問は再現ドラマに園山さんへのプロポーズが無かったこと。また婚約者だとわかるシーンも少なく、毎日のように作ったとされる豪華なお弁当も、塩谷さんのマンションの中にではなく、宅配便ポストに入れていた。故郷に日帰り「婚前旅行」をしたという説明なのに、両親には会っていない、など様々だ。ネットの掲示板やブログには、塩谷さんと園山さんが交際していたのは事実としても、園山さんに「勘違い」のようなものがあるのではないか、と主張する人もいて

「塩谷を追い掛け回して彼女のつもりになってただけじゃないの?塩谷にしてみれば尽くしてくれるから思わせぶりな態度してたんだとは思うけどさw」
「塩谷は冨永愛が好きだったが、料理を手に押し掛けて来る人に引きずられて、股裂きになったように思えた」

   また、

「塩谷君はNoが言えなかっただけで、別に何も悪い事はしていない。塩谷無罪」
「塩谷が売名行為に利用されているように見えて、可哀想になってきた」

などといった塩谷さんを擁護する意見も結構多くでているが、真相は今のところ藪の中だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中