吉野家・すき家の「うな丼」どうなる 一部外食チェーンでは販売中止も

印刷

   うなぎ高騰で、牛丼チェーンやファミレスの、リーズナブルなうなぎメニューが、ピンチに立たされている。吉野家やすき家などでうなぎメニュー開始は例年6月前後だが、今年は果たしてどうなるのか。

2011年は値上げでも人気変わらず

今年は「うな丼」を食べられるのか(イメージ)
今年は「うな丼」を食べられるのか(イメージ)

   吉野家・すき家などでは、近年のうなぎ価格上昇には頭を悩ませている様子だ。今年同様に不漁でうなぎ価格が高騰した2011年には、吉野家ではうな丼を前年の500円から50円値上げ、すき家でも100円値上げの680円とせざるを得なかった。

   しかし2012年はその11年以上の不漁が伝えられている。庶民の口にうな丼は届くのか。

   吉野家の広報担当者は「こちらにもまだ何も情報は届いていない」と断った上で、 「うなぎの調達は進めていると聞いている。販売はすると思う」 と話す。ただし時期や価格などは一切未定とのことだ。

   すき家を運営するゼンショーの担当者も、「まだ何とも言えない」と口をつぐむ。ただし、「うな丼を楽しみにされている方は多く、通年化希望の声もあるほど。値上げした昨年も、例年通りの人気だった。毎年の季節商品なのでがんばろうとは思っている」と、前向きな答えが返ってきた。

中止の華屋与兵衛「土用の丑の日にはなんとか」

   一方で同じくゼンショーが展開する和食系外食チェーン「華屋与兵衛」では、うなぎの量が確保できないことから、「うな重」などのメニューの販売を一時ストップせざるを得なくなった。

「ただし、これはあくまで一時的なものです。土用の丑の日を中心に、夏場に向けて再び提供できるよう努めていきます」(ゼンショー広報)

   一方、和食系の外食チェーン「藍屋」「夢庵」で例年「うな重」「うな丼」を提供しているすかいらーくは、「今年も販売します」と明言する。

「量自体はすでに確保できています。価格は値上げも含め検討中ですが、やはり『ぜひ食べたい』という方も多いですから」

   土用の丑の日に向け、各社の努力は続く。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中