不正アクセス容疑で16歳少年逮捕 法改正後初めて

印刷

   ゲームサイトに不正にアクセスして他人のIDやパスワードを盗み出し、インターネット掲示板で公開したとして、京都府警は2012年6月13日、和歌山市の16歳の少年を不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕した。

   同法は5月に改正され、他人のIDやパスワードを無断で第三者に提供する行為が処罰の対象となった。この条項が適用されたのは、今回が初めてとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中