「出番前に足組んで待機」が生意気? HKT指原はなぜこんなに叩かれるのか

印刷

   週刊誌で男性とのスキャンダルを報じられ、HKT48に移籍した指原莉乃さんの特集がテレビ番組で放送された。

   涙ながらの謝罪や反省している様子を見せ、「心機一転頑張る」と決意表明する指原さんの姿を映したものだったが、視聴者からは反感を買ってしまったようだ。一体何がいけなかったのだろうか。

AKB48を辞めようと思っていた

「HKT48で頑張る」と宣言した指原さん(2011年2月8日撮影)
「HKT48で頑張る」と宣言した指原さん(2011年2月8日撮影)

   2012年6月19日の「火曜曲!」(TBS系)で、指原さんの「HKT48移籍の真相」として、直撃インタビューと本人出演のラジオ番組の密着映像で構成した特集が放送された。

   指原さんはスキャンダルが報じられた「週刊文春」発売前、6月6日の選抜総選挙開票イベント1週間後に「ある週刊誌にスキャンダル疑惑が掲載される」という情報を聞いた。ファンや家族、スタッフ、メンバーのことを思うと苦しくなり、ご飯が食べられなくなったという。お腹は空くが、食べたら吐いてしまうというのだ。夜も眠れず、家でボーッとしていた。さらにライブのリハーサルでは、「考えちゃいけないって思うほど考えてしまって、過呼吸になってしまって。メンバーはその時何も知らなかったので、すごい心配されました」と話した。

   そしてスキャンダルが公になる前に、「AKBの名前に傷を付けてしまった事に変わりないですし、たくさんの人に心配かけてたのは申し訳ない事ですし、グループの事を思うと辞めた方がいいんじゃないかって思いました」と、AKB48を辞めようと思っていたことを明かした。この間、「記事の内容は一方的な主張」「一方的な記事であった」など、全面的に指原さんを擁護するようなナレーションが要所要所で入れられていた。

   週刊文春発売後の6月16日、指原さんはラジオ番組「オールナイトニッポン」(ニッポン放送系)にプロデューサーの秋元康氏らと出演した。番組は出番待ちの際にイスに浅く腰掛け足を組んでいる指原さんを映し、「不安と緊張を隠し切れない様子」と伝えた。そして「先輩としてまだ若い後輩グループを引っぱり支えていく」「誰よりもAKBを愛し、誰よりも頑張る指原に期待したスタッフの強い思い」というナレーションとともに、涙ながらの謝罪と、「HKT48移籍」を伝えられ驚く様子を放送した。

   指原さんはインタビューに対し「AKBに戻りたいなんて言わないです私は。それなりの覚悟でHKTと一緒に頑張るって決めたので、HKT48のメンバーと力を合わせて最強のチームにしたいです。ファンの人とかも認めてくれるにはめちゃくちゃ時間はかかると思うんですけど、変わらず頑張るので変わらず応援してほしいです」と話した。

「なんかもはや大物の態度だったなw」

   この放送を見ていた人はまず「ラジオの出番前に足を組んで待機していた」ことに目を付け、2ちゃんねるに「足組んで謝罪w」「なんかもはや大物の態度だったなw」「もうホントなんなのコイツ・・二度と顔も見たくない ホントこのコ嫌い」などと批判コメントが書き込まれた。

   また、「ビッチがオタ食って左遷になった話を長々とゴールデンで感動秘話みたいにwwwwww」「ご飯食べても吐きましたとかリハ中に過呼吸になりましたとか完全にかわいそうな指原を演出してたな」と、美談と思わせるような放送内容になっているという非難もあった。「この特集見て文春はどう動くだろうな 美談では終わらせないだろうなw」「文春はとことんやったれw」など、週刊文春の続報に期待する声も見られた。

   なお、今日6月20日は秋葉原のAKB48劇場公演に指原さんも出演している。どんな発言が飛び出しているのか、またファンの反感を買うような言動をしてしまっているのか、要注目だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中