野村HD、渡部CEO報酬を5割カット 増資インサイダーで

印刷

   野村ホールディングスは、傘下の野村証券が上場企業の公募増資をめぐるインサイダー問題に関与したことについて社内調査による報告書をまとめ、情報漏えいの再発防止策と処分内容を、2012年6月29日に発表した。

   調査は社外弁護士が担当した。経営陣の処分は、渡部賢一・野村HDグループ最高経営責任者(CEO)の報酬を6か月間、5割カット。担当役員2人も辞任する。責任を明確にして信頼回復を図るのが狙い。

   機関投資家向けの営業を7月2日から5営業日、新規引き受けに関わる営業を3営業日、それぞれ自粛する。

   また再発防止策として、機関投資家営業部は廃止し、業務を他の複数の部署に移す。また機関投資家向けの営業担当部署と、引き受けを取り扱う部署やアナリストとの接触を制限し、営業担当からの問い合わせは原則禁止にする。管理体制を厳しくするため「エクイティ管理部」を新設し、機関投資家への営業体制をチェックすることにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中