東電の家庭用電気料金の値上げ、8.47%で合意

印刷

   東京電力の家庭向け電気料金の平均引き上げ率を8.47%とすることで、枝野幸男経済産業相と松原仁消費者担当相、藤村修官房長官が2012年7月19日、官邸で協議して決めた。燃料費や調達費を切り詰めるなどで、東電が申請した10.28%から圧縮した。

   値上げ時期は9月1日になる見通し。合意により、近く共同で閣僚会議に諮る。最終的な認可は、来週にも枝野経産相が下す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中