中国フェス責任者が「謝罪」 日本バンド出演キャンセル事件で

印刷

   日本のヘヴィメタルバンド・Loudness(ラウドネス)が2012年8月24日、中国のライブイベント「YOGA MIDIフェスティバル」への出演を日中関係悪化を理由に当日キャンセルされた問題をめぐり、ミュージシャンのファンキー末吉さんが2012年8月27日、同イベントの最高責任者・張帆さんから届いたというメールを公開した。

   末吉さんは長年中国での音楽活動を続け、ラウドネスのメンバーとも親交が深い。末吉さんによると、張さんは今回のキャンセルについて「私と全てのスタッフやファンにとって望む所ではありませんでした」とした上で、「音楽に国境はない。もしも私たち人類の心と魂のつながりや芸術による相互理解が捨て去られたとしたらもう私たちには敵視と攻撃しか残ってないのでしょうか?」と胸のうちをつづり、改めてラウドネスに詫びている(訳文は末吉さんによるもの)。

   なお末吉さんはブログの中で、今回のキャンセル事件についてJ-CASTニュースを含む国内メディアがラウドネスのボーカルの二井原実さんのブログのみをソースに報道したことも批判している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中