城島健司、現役引退「野球が嫌いになってしまいそうだった」

印刷

   プロ野球・阪神タイガースの城島健司捕手(36)は2012年9月28日、今季限りで現役引退すると発表した。

   城島捕手は同日開かれた記者会見で、「今が限界だと。キャッチャーとしては限界だと思います」「野球を好きだというのが僕の誇りです。ですから、来年キャッチャーができないとわかってて野球をしてしまうと、大好きな野球が嫌いになってしまいそうなので、キャッチャーとして、キャッチャーのまま引退します」「一生懸命応援してくれるファンの皆さんにもう一度甲子園で活躍するというところが見せられなくて、それが一番悔いが残りますし、悔しいです」と涙を流しながら語った。

   城島捕手は1995年、ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(当時)に入団。2006年からはシアトル・マリナーズでプレーし、捕手として初めてのメジャーリーガーとなった。10年に阪神に移籍したが、11年以降はけが続きで思うような結果が残せず、4年契約を1年残しての引退となった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中