ツインテール割、インコ割、ダサT割…25%オフ ドミノ・ピザの「狂ったクーポン」にネット興奮

印刷

   「ツインテール、もしくはツインテールのフィギュアと共にスタッフをお出迎え」するとピザが割引に――ツインテール割、ダサT割といったキャンペーンをドミノ・ピザが実施している。

   インコ割など、割引の条件が異例とあって、「きでもくるったのか」「この狂ったクーポンはぜひ使ってみたい」などとネットで大きな話題となった。

「インコのまねをする」「インコを絵に描く」もOK

配達員にアピールで割引!
配達員にアピールで割引!

   ドミノ・ピザは2012年11月12日から12月9日まで、「アメージング・クーポン・フェスティバル」を実施している。ネットで注文する際に「自分に当てはまる」名前の割引クーポンを選び、フェイスブックまたはツイッターに投稿の上、配達員に条件を満たしているとアピールすると、ピザの金額が25%オフになるというものだ。

・おヒゲ割
・ツインテール割
・ふるさとの言葉割(*東京弁可)
・ダサT割(*自己判定可)

といった比較的簡単に満たせそうなものから、

・苗字が漢字で四文字割
・双子割
・トレンディ割(*自己判定可)
・インコ割2(*オウム不可/オカメインコ可)
・高2割

などと努力ではどうしようもないものもある。

   キャンペーンサイトには割引の名前にアメコミ調のイラストや但し書き、説明文なども添えられている。それらもいちいちテンションが高くて面白いとはやくもネットで受けている。たとえば、ツインテール割には、「ツインテール、もしくはツインテールのフィギュアと共にスタッフをお出迎えください」。ダサTは「ダサいTシャツ」の略で、「なんでこんなの買ったんだろ?」「これはダサい!」というTシャツを着ることが条件だ。トレンディについては、「ワンレン、ボディコン、肩パッド。今なおトレンディなあなたに朗報」と打ち出している。

   なかでも注目を集めたのは、「インコちゃんと一緒にスタッフをお出迎えください」という「インコ割2」だ。但し書きでオウムが不可でオカメインコが可と書いてあって、妙に条件が厳しい。また、説明では、アメコミ調で書かれたインコがいわゆる「ドヤ顔」で「ドミノは断然インコ派!!」と言い切っている。いったい何故なのか。ドミノ・ピザの担当者に話をきくと、意外にも「とくにこだわりはない」そうだ。ただ、「インコは名前の響きがかわいい」「意外とみんなが飼っていそうで飼っていないところがいい」などと話してくれた。

   実はこのキャンペーンは2011年も実施して、大きな話題になった。「インコ割」もその時から存在していて、「インコのまねをする」「インコを絵に描く」などで割引を勝ち得た猛者もいたそうだ。ネットでは「インコとオウムの区別つくの?」といった疑問が出ていたが、担当者によると、オウムを「インコだ」と強弁すれば割引になる可能性はあるらしい。「クーポンをきっかけに、スタッフといろいろお話をして楽しんで欲しい」とのことだった。

「きでもくるったのか」「ぜひ使ってみたい」

   ただし、複数の条件を満たしても割引率が加算されるわけではない。

「私名字が漢字で4文字だから、髪の毛を2つに結ってつけひげをしながら眼帯もして『クッ、おらの目さなんがいずい…!』(編注:北海道弁で「クッ、俺の目がなんかうずく」)ってダサイTシャツ着たらドミノピザが125%OFFになるの??」

という質問に対し、ドミノ・ピザの公式ツイッターアカウントは、

「努力は認めますが25%OFFですヽ(´o`;」

と返答していた。

   このほか、1日で2回注文すると最大30%オフになる「おか割」や、上記の条件全てを満たした人らに進呈される最大50%オフの「全部割り」といったものもある。

   他ではあまり見られないかたちの割引とあって、ネットでは「きでもくるったのか」「この狂ったクーポンはぜひ使ってみたい」という声が相次いでいた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中