小沢ガールズが小選挙区で全滅 逆風に加えスキャンダルが響く

印刷

   2012年12月16日投開票の衆院選挙で、日本未来の党(未来)や民主党から小選挙区で立候補したかつての「小沢ガールズ」は計14人。未来の青木愛氏は比例で復活したものの、小選挙区では14人全員がそろって討ち死にする結果となった。

未来の党、新旧小沢ガールズが全滅

   14人のうち、小沢一郎氏とともに民主党から未来に移って立候補した前職のガールズは7人。3年前は群馬4区で自民党の福田康夫元首相と争い比例復活当選した三宅雪子氏(47)は、野田佳彦首相への刺客として千葉4区から出馬した。政権批判や反原発を訴えたものの、首相から「地元の地名も知らない落下傘候補」と批判されるなど、三宅氏自身の勉強不足が露呈。未来に対する支持も広がらなかった。

   そのほか青木愛氏(東京12区)、太田和美氏(福島2区)、岡本英子氏(神奈川3区)、京野公子氏(秋田3区)が落選。参院議員を辞職して立候補した姫井由美子氏(千葉8区)も当落線上にははるか及ばなかった。

   未来の党の新人候補として、小沢氏が自らの地元の岩手で擁立した達増拓也岩手県知事の妻・陽子氏(岩手1区)や旅館経営者の佐藤奈保美氏(岩手3区)ら「新・小沢ガールズ」らも3人がそろって落選した。未来の比例単独候補の福田衣里子氏(近畿ブロック)も落選が確実な状勢だ。

   一方、民主党に残った5人の前職も小選挙区では全滅した。

   田中美絵子氏(東京15区)は、未来の党の東祥三氏への対立候補として擁立されたが、支持は広がらなかった。そのほか山尾志桜里氏(愛知7区)、永江孝子氏(愛媛1区)、江端貴子氏(東京10区)、中林美恵子氏(神奈川1区)らも自民候補に敗れた。

スキャンダルにまみれた3人は…

   W不倫や「ぶって姫」――。15 人の中にはスキャンダルにまみれた候補者もいた。日本未来の党から出馬した青木愛氏(47)と姫井由美子氏(53)、そして民主党に残って立候補した田中美絵子氏(37)の3人だ。

   東京12区から出馬した青木氏は、公明党の前代表・太田明宏氏(67)のリベンジを許した。同氏は2010年に小沢一郎氏とその政策秘書という2人の妻子ある男性との不倫疑惑が週刊誌に大きく報じられた。

   同じく未来の党公認で千葉8区から出馬した姫井氏は2006年の参議院選挙で自民党の片山虎之助氏(77)を破り、「姫の虎退治」として脚光を浴びた。しかし翌07年には不倫関係にあった元高校教師から2人の赤裸々なエピソードが暴露され、「ぶってぶって」と言いながら過激なプレイを求めたというエピソードから「ぶって姫」とのあだ名まで付けられた。参院議員を辞職して落下傘候補として出馬した今回は、「千葉から政治を立て直します」とブログに記して精力的に活動したが、地元に支持が浸透しないまま自民、民主候補らの後塵を拝した。

   民主党に残った田中美絵子氏は2012年6月に国交省の50代キャリア官僚との不倫スキャンダルが取りざたされた。東京のJR大崎駅構内でキスをする写真やホテルに向かう姿が週刊誌に掲載されたのだ。

   同氏はコスプレ風俗ライター、ヌード女優など異色のキャリアを経て、2009年の衆院選では石川2区で自民党の森喜朗元首相と接戦を演じ、知名度も高かったが、民主への逆風に加え、不倫記事も影響した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中