未来分裂は「国民への詐欺的行為」 毎日など各紙が厳しく批判

印刷

   日本未来の党の分裂劇をめぐり、毎日新聞が社説で「1票を投じた有権者に対する詐欺的な行為」と批判した。産経新聞は「『カネ目当て』の分裂」と評し、地方紙も「国民への背信」と相次いで糾弾した。

   日本未来の党の嘉田由紀子代表は2012年12月28日夜会見し、小沢一郎氏を中心とする「生活の党」(森裕子代表)と分党することを正式に発表、陳謝した。

「勝手に分裂した揚げ句に交付金=税金だけは手にする」

   嘉田氏は阿部知子副代表とともに新たに別の政治団体「日本未来の党」を設立する方針だ。

   これを受けて、29日の毎日新聞は、「未来はや分裂 国民への詐欺的行為だ」と見出しをうち、1行目から「これは1票を投じた有権者に対する詐欺的な行為である」とし、分党、とりわけ小沢氏側に批判的な社説を展開した。

   それによると、結党から1か月も経たずに分裂という急変の背景は、「政党交付金の額が1月1日時点の国会議員数などに応じて決まる事情以外に考えられない」。8億円以上になるとみられる交付金をすべて「生活の党」が手にする格好になることを、「勝手に分裂した揚げ句に交付金=税金だけは手にする」と表現し、「いくらルールに基づいた手続きとはいえ、大きな疑問」と書いた。

   また、「卒原発」を掲げてきた嘉田氏が代表だから投票した人は、いくら小沢氏と嘉田氏が「水と油」とはいえ、党が直ちに分裂すると思っていたわけではないとも指摘する。嘉田氏へ寄せられた票にもとづく交付金が、小沢氏側にだけわたる。これが「詐欺的行為」ということのようだ。

   そして、「要するに嘉田氏はお飾りに過ぎず、実態は『小沢党』だったことをあからさまに認めたようなものだ」とし、「あまりにも醜悪な分裂劇」と切って捨てた。

   産経新聞も28日、存続する「生活の党」が、未来の党が受け取るはずだった2013年分の政党交付金の大半を受け取ることができるとことをとりあげ、「『カネ目当て』の分裂劇」と評した。

本流の未来に投票した人は本当に悲惨ですね

   地方紙でも、29日、分党への批判が相次いだ。北海道新聞は社説に「未来の党分裂 卒原発願う票への背信」と題して、「有権者の思いを無視した手前勝手な政治行動にあきれる」「(小沢氏による)政党の乗っ取りだとの指摘はもっともだ」と書いた。愛媛新聞は、「『未来の党』分裂 理念への期待裏切る背信行為」とする社説を掲載した。

「小沢氏側にとって未来は、完全に選挙目当て、使い捨ての隠れみのだったことが露呈した…政治不信をまた深める愚行がいつまで続くのか、目を覆いたくなる」
「『脱原発』という方向性を支持し、票を投じた多くの人々の期待を裏切った罪は、重い」

   ネットでも、冷ややかな見方が大半だ。

「本流の未来に投票した人は本当に悲惨ですね。小沢党に投票した人は計算通りと言うところでしょうか」
「頼むよ。ただでさえいれるとこないんだからさぁ」
「国民を欺いて手に入れた血税は8億円ってか・・。騙した議員達も最低、騙された仮の党首も最低、騙されて投票した有権者も最低・・Orz」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中