サッカー紙「エル・ゴラッソ」デザイナー 批判殺到でコラム連載も終了

印刷

   サッカー専門新聞「エル・ゴラッソ」デザイナーの佐藤峰樹さんが欧州で活躍する日本人選手をツイッターで罵倒した問題を受け、海外サッカー週刊誌「フットボリスタ」は2013年1月5日、同誌での佐藤さんのコラム連載終了をツイッターで発表した。

   「フットボリスタ」は、佐藤さんと直接話して、発言の事実確認した上で「事情や経緯によらず、言葉として残された発言内容については弊誌が目指す方向とも容れないものであったため」として、連載終了を決めたと説明。これにより、佐藤さんが執筆していたコラム「エンパの花道」は前回掲載分もって終了となった。

   佐藤さんは2013年の年明けから、「もうヨーロッパに日本人選手は要らないし、不快だ」「だいたいユナイテッドやインテルあたりで日本人がヨロヨロやってるのが安っぽくて、有り難みがないんだよ」といった内容をツイート。サッカーファンから批判を浴び、「エル・ゴラッソ」の運営会社であるスクワッドはウェブサイトに公式謝罪を掲載する事態になった。(1月6日 一部訂正)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中