日本人人質は首と腰に爆弾巻かれ 一本の黄色のケーブルで数珠繋ぎにされた

印刷

   アルジェリアで日本人10人が死亡したテロ事件で、人質の置かれていた状況が少しずつ明らかになってきた。

   同じエリアにいたアルジェリア人男性の証言によると、日本人含む外国人の人質が首と腰に爆弾を巻きつけられていたという。

人質を、爆弾をつけたまま車に乗せ移動させようとした

   2013年1月27日放送の「真相報道バンキシャ!」(日テレ)は、国営企業の技師として働いていたアルジェリア人・ソフィアンさんから証言をえた。

   それによると、ソフィアンさんは16日朝に、少なくとも4人の日本人を見た。うち1人はケガをしていた。その時の様子を「禅のように静かでパニックにもならず、勇敢で、威厳に溢れていた」と話す。

   日本人を含む外国人の人質は全員、VIPルームと呼ばれる建物の外に並べられていた。そして、首と腰に爆弾を巻かれ、一本の黄色のケーブルで数珠繋ぎにされた。ケーブルの両端を一人の実行犯が持っていた。

   ほかのテレビ番組でも、頭にけがをした日本人が、首に爆弾を巻かれ、武装勢力に「おかしな行動に出たら爆発させる」と脅されていた、との生還したフィリピン人の証言もあり、首に爆弾を巻かれていた日本人人質がいたのは確かなようだ。

   ソフィアンさんによると、17日朝、外国人の人質らは見通しの良い広場に移された。アルジェリア軍による空爆が開始されると、複数の車が相次いで爆発した。自爆か空爆によるものかはわからないが、武装勢力が日本人を含む人質を、爆弾をつけたまま車に乗せ移動させようとしていたため、「多くの犠牲が出たと思った」という。

   また、ソフィアンさんの友人が爆発した車を確認しに行ったとき、日本人らしき遺体を見たそうだ。毎日新聞は23日、イナメナスの病院関係者の話として、日本人2人が空爆の犠牲になり、うち1人は損傷が激しく、身元の特定が難航したと伝えている。

首に爆弾をつけたまま逃げ出す

   人質の中には、首にプラスチック爆弾を巻かれたまま逃げ出し、生還した例もある。北アイルランド・ベルファストの電気技師、ステファン・マクフォールさんの話を、英テレグラフ(電子版)などが相次いで取り上げている。

   ステファンさんはBPの関連会社での仕事をするためにプラントに滞在していた。16日朝の銃撃音をきいて当初は部屋に隠れ、家族とテキストメッセージでやりとりしていた。夜に武装勢力がステファンさんの口をテープでふさいで眠らせ、手を縛り、プラスチック爆弾を首にとりつけたという。

   ステファンさんから話を聞いた兄弟によると、空爆がはじまって、移送用の5台の車両のうち、4台が爆発した。ステファンさんの車両だけが爆発を免れたが、壊れたので、そのすきに首に爆弾をつけたまま一目散に逃げ出したという。

   また、爆発した車に乗っていた9人のうち唯一の生存者となったフィリピン人は、人質は交戦中に「人間の盾にされた」と証言している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中