1月の消費者態度指数、前月比4.1ポイント上昇 最大の上げ幅

印刷

   消費者心理を示す一般世帯の2013年1月の消費者態度指数(季節調整値)は、前月比4.1ポイント上昇の43.3で、5か月ぶりに改善した。内閣府が2月12日に発表した。前年同月と比べると3.4ポイントの上昇。上昇幅は月次調査を開始した2004年4月以降で最大。安倍政権発足後の円安と株高や緊急経済対策などを受けて、雇用環境を中心に消費者の先行きへの期待感が高まった。

   また、内閣府は消費者心理の基調判断を、「弱い動きがみられる」から「持ち直している」へ上方修正した。基調判断の引き上げは12年1月以来、1年ぶり。

   消費者態度指数は、消費者の「暮らし向き」や「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」の4項目について、今後の半年間の見通しを5段階評価で聞き、指数化したもの。1月はそのすべてで改善した。

   なお、調査は全国6720世帯が対象。調査基準日は1月15日で、有効回答数は5033世帯(回答率74.9%)だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中