「被爆再現人形」撤去が話題に 広島・平和記念資料館

印刷
広島市の平和記念資料館(2012年撮影)
広島市の平和記念資料館(2012年撮影)

   原爆の惨禍を伝える広島平和記念資料館(広島市)がリニューアルに伴い、被爆の様子を再現した人形を撤去する予定であることが話題になっている。

   問題の人形は原爆投下直後、大やけどを負って廃墟の中に立つ被爆者の姿を再現したもの。1973年以来同様の展示が行われており、原爆による被害の甚大さを表現したものとしてよく知られる。

   平和記念資料館は2018年を目処に、「被爆者の遺品や原爆によって変形した瓦、ビンなどの実物を中心に、より客観的に被爆の実相を伝える」(広島市)というコンセプトで全面リニューアルを行う予定だ。2010年まとめられた基本計画でもこの方針に基づき、人形の撤去が盛り込まれていた。2013年3月14日、市議会予算特別委員会で市担当者から改めて「撤去」の考えが示された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中