ネズミの感電が原因か 福島第1原発の停電

印刷

   福島第1原発の冷却システムを停止させた停電の原因は、ネズミが感電してショートさせた可能性があると、東京電力が2013年3月20日に発表した。

   それによると、電源盤内部の壁などに焦げ跡があり、その下にネズミとみられる小動物が落ちていた。ネズミは、ケーブルなどを接続する端子の間に入った可能性があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中