「AKBのかわいさはクラスで28番目」 復帰早々のたかじん「爆弾発言」に賛否

印刷

   初期食道がんによる無期限休養から約1年3か月ぶりに復帰したタレントのやしきたかじんさん(63)が、早速「爆弾発言」をして話題になっている。

   その発言とは、「AKBの顔はクラスで28番目」というものだ。インターネット上ではファンの怒りの声、それ以外からは納得の声など、いろんな反応が書き込まれている。

たかじん発言に眞鍋かをり「ビリぐらいですねそれ」

手厳しく叩かれてしまったAKB48の面々(13年2月撮影)
手厳しく叩かれてしまったAKB48の面々(13年2月撮影)

   やしきさんは12年1月末にがんを公表し休養していたが、13年3月6日に復帰を発表、その後3本の冠番組の収録を行った。

   問題の発言があったのは、そのうちの1本「たかじんNOマネー GOLD」(テレビ大阪)3月23日放送回でのことだ。

   「何がテレビをダメにした!?」をテーマにトークするという企画で、驚異のCD売り上げや海外での姉妹グループデビュー、尽きない話題でAKB48が東アジア制覇か、というVTRが流れた。

   「AKB」という言葉が出た途端に頭を抱えていたやしきさんは、VTRが終わると「AKBのAが出た時ダッ!とチャンネル変える」と、自身はAKBを良く思っていないということを明かした。

   そして「AKBの何がいけないのか」と問われ、「団体主義だよね」「1つのコンセプトが、クラスで10番目くらいの可愛い子を集めるっていうけど、1人1人見たら10番目じゃなくて28番目ぐらい」と言ったのだ。

   40人以下の学級がほとんどの現在、28番目では計算に合わないが、「相当低いレベル」という意味だと思われる。

   スタジオは笑いに包まれ、やしきさんの隣に座っていた眞鍋かをりさんも「ビリぐらいですねそれ」と「援護射撃」した。

   その後も「1人1人の資質を大事にしたい!はっきり言うて」「AKB言うのはね、国で言うたらもう中国なんですよ。あれも欲しい、これも欲しい、これもやる、何か言うたらCMやる、映画やる、ドラマやる、コントやる、ぜーんぶ取っていってんのよ。だからAKBにたてつくことがもうできないのよ。何とかクローバーゼーット(編注:ももいろクローバーZのこと)とか出てきても、台湾みたいなもんや」と、AKBへの不満をあらわにしていた。

AKBファン「たかじんとか誰だよ」「ウチの学校なら学年1位」

   番組放送中のツイッターでは、「よくぞ言ってくれました♪」「たかじんのAKB批判クソワロwwww」などと書き込まれ、視聴者は同調したりあっさり流したりしていたようだが、2ちゃんねらーがこの発言に目を付けてしまった。

   放送翌日の3月24日、「たかじん『AKBの子らはクラスで最下位レベルのブス』 眞鍋『ですよね』 → 炎上」というスレッドが立てられると、「異議なし」「最下位レベルかどうかは分からんけど上位レベルでないのは確か」「なにか間違ってんの?確実にクラスでも底辺のブス共だろ」など、辛らつな意見が書き込まれた。

   さらに2ちゃんねるにスレッドが立てられたことでAKBファンの間にもこの発言が広まってしまい、ツイッターや2ちゃんねるで「たかじんとか誰だよ!じじいのくせにしゃしゃってんじゃねーよ」「こじはるやぱるる、麻里子様がビリのクラスが見てみたいわwww」など怒りや反論が書き込まれているほか、「ウチの学校なら学年1位レベル」「AKBは平均するとクラスでトップレベルの娘が集まってると思うよ」「俺が通ってた高校は全学年で女子200人くらいいたけど間違いなくトップ4には入る」とAKBをフォローするコメントも見られる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中