選手の11.5%「パワハラ・セクハラ被害経験あり」 JOC調査

印刷

   日本オリンピック委員会(JOC)加盟57団体の強化指定選手のうち、11.5%(219人)が暴力を含むパワハラ・セクハラ被害を受けたことがある――JOCが2013年4月25日発表した最終報告書から、そんな実態が明らかになった。女子柔道暴力問題などを受けて実施したもので、「暴力行為を見聞きした」という選手も25.9%に及んだ。なお、こうした行為を自らがしたことがある、とした指導者は3.0%(45人)だった。

   JOCなどは同日、スポーツ界からの暴力根絶を目指す宣言を採択している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中