タクシー初乗り730円、バス都内220円に 国交省が値上げ検討

印刷

   国土交通省は2014年4月の消費増税に伴い、タクシーやバスの運賃の上限を引き上げる方向で検討に入った。日本経済新聞が2013年5月17日付で報じた。引き上げ幅は2.86%で、東京都心のタクシーの初乗り運賃の上限は730円と20円アップする。改定幅は10円単位にして、10円未満の端数は四捨五入する。

   増税分を転嫁しきれない場合は加算運賃の走行距離(現在は288メートル)を短縮し、事業者が増税分を肩代わりしなくて済むよう配慮する。

   バスの運賃も10円未満の端数を四捨五入して改定する方向。都内で多い210円の均一運賃は220円に上がる。この場合は約4円分多く取ることになるため、その分を原資に定期券や回数券を割引くなど調整する。

   政府は5月中にも消費増税に伴う公共料金への転嫁方針を公表。これを踏まえて、国交省と消費者庁が協議し今秋までに正式決定する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中