別居発覚からわずか2週間で離婚発表 中村昌也&矢口真里騒動を総括する!

印刷

   俳優の中村昌也さん(27)・タレントの矢口真里さん(30)夫妻の「別居&不倫騒動」は、初めて報道されてからわずか2週間で「離婚」という決定的な局面を迎えた。

   「子づくりでケンカ、別居」報道に始まり「実は矢口さんが不倫していた」、「元カレにも連絡を取っていた」など、この短期間に事態は二転三転していた。ここで改めて2人の言動や週刊誌報道を振り返ってみる。

ミヤネ屋の直撃に矢口「別居?何それ~」「順調です」

矢口さんの運命は…(08年4月撮影)
矢口さんの運命は…(08年4月撮影)

   「ラブラブ」と思われていた夫妻に突然の別居報道が出たのは13年5月16日。この日発売の「女性セブン」に、「子づくりに対する意見の相違」から喧嘩に発展、矢口さんが同居していたマンションを飛び出し実家近くに借りたマンションへ、中村さんも新たにマンションを借りて1人暮らしを始めた、と書かれていた。

   この記事について「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)が矢口さんに直撃したところ「何それ~」と半笑いで言い、「順調か」と聞かれても「はい」と答えていた。中村さんの所属事務所・ワタナベエンターテインメントも、スポーツ報知に対し「夫婦げんかで頭を冷やしているだけ。離婚はありません」と説明していた。

   この時点で世間は「矢口さんの方が稼いでいて、中村さんは頼りない」との認識が大勢で、5月19日に放送された「行列のできる法律相談所」に出演した中村さんが不仲を思わせるような言動をすると「男が小さい」「離婚決定だな」など中村さんへの非難の声が上がった。

   しかし5月21日、事態は急展開を迎える。「週刊女性」が、別居の原因を「矢口さんの不倫」と報じたのだ。

   中村さんが仕事で地方に行っている間に男性モデルを自宅に連れ込み、帰宅した中村さんと男性が鉢合わせ、そのまま中村さんがマンションを出て行ったという内容で、一転して矢口さんへの風当たりが強くなった。この日、レギュラー出演しているローカル番組で「多分何かあった」と笑いながらとぼけたことも、視聴者の感情を逆なでした。

「やぐっちゃん待ってる」「風向きは変わるわ」矢口ブログに応援コメントも

   入籍からちょうど2年、挙式・披露宴からちょうど1年が経った13年5月22日には、インターネット番組「女子力cafe~やぐちんげーる~」の公開放送に出演した。左手の薬指に結婚指輪はなく、詰め掛けた報道陣には「お騒がせして申し訳ありません」と言うのみだった。

   この日以降、矢口さんはレギュラー番組の生放送、収録を全て「体調不良」で欠席している。

   5月28日にはまたしても「週刊女性」が、矢口さんが元交際相手のある俳優に「今日はダンナがいないからウチに遊びにこない?」とメールしたこともあると報じた。

   とどめを刺すように5月30日、「週刊文春」が「中村さんが帰宅した時、矢口さんと不倫相手が裸で寝ていた」「矢口さんの不倫相手は裸のままとっさにクローゼットに隠れた」「不倫相手は中村さんに土下座写真を撮られた」「矢口さんは所属事務所に『夫からDVを受けていて耐えられなかったから』と釈明した」など、不倫の詳細を報じた。

   そしてこの日、マスコミ各社に離婚発表のファックスが送信されたのだった。

   最初の報道から離婚発表後まで2人のブログの更新はなく、メディアに登場しても多くを語っていないため、実際に何が起こっていたのかは当人たちにしかわからない。実際、インターネット上でも「二度とテレビで顔を見たくありません」「中村は慰謝料たんともらえ!」というコメントもあれば、「旦那も不甲斐ない部分があるんじゃないかとは思う」「矢口真里なんかかわいそうだなぁ、、、」と意見が割れている。

   ちなみに、更新の止まっている2人のブログには「やぐっちゃん、待ってるからね!」「がんばりましょう 風向きは変わるわ 矢口さんだいすき」「辛いこと乗り越えたんだから昌也君は絶対大丈夫!!」「正しく、頑張っている中村くんには絶対幸せが訪れる!!」など、それぞれ応援コメントが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中