ヤバすぎる!LINE悪用「出会い」アプリ 「¥希望」「13歳です」…まさに無法地帯

印刷
「今日4時から京橋で、¥(※援助交際)できるひとおる? 24までだよ!」
「お金に困ってる。年、写メ、地元おくってきてー!」

   LINEなどを悪用する「非公認」アプリが、売買春など性犯罪の温床となっている。

   気軽にIDなどを交換できるとして、「友達探しに便利」と多くのユーザーが集まる一方で、上記のような危うい投稿も無数に飛び交う。果たしてその実態とは――

「13歳です」「ちゅーがくせぃです」

LINE「非公認」アプリの一例。「えん(※援助交際)いけるひとおらん?」との投稿が確認できる
LINE「非公認」アプリの一例。「えん(※援助交際)いけるひとおらん?」との投稿が確認できる

   LINEやカカオトークなどの無料通話アプリはツイッターなどと違い、基本的には相手の電話番号、あるいは専用IDなどを知らないとお互いに連絡を取ることができない。そのためLINEなど単体では、いわゆる「出会い系」としての利用は不可能だ。しかしそれを補完する形で、お互いのIDを交換する外部サービスが続々と登場している。

   「ひまトーーク」はそうした1つで、公称40万ユーザーを集める人気サービスだ。男女問わず常時盛んな書き込みが行われており、雑誌などで人気アプリとして紹介されたこともある。

   表向きは「チャット友達募集」掲示板を標榜しており、利用者も一見「どこにでもいるような」若者がほとんどだ。しかし書き込みの内容をよく見ると、

「だれか、いまから××の×××(※地名)のLAWSONに迎え来て」
「××市の近くで会える人いない? 車もちで話が早いのだけね!」(ともに10代女性の投稿)

   といった具合に、「出会い」目的で利用する人が目立つ。女性も「ヤリモク(※体目的)は帰れ」「Hな人ばぃばぃ」などと予防線は張りつつ、会う、あるいは電話だけならかなりガードを下げている様子だ。また18歳未満利用禁止をうたっているにも関わらず、実際には「13歳。トークしよ?」「ちゅーがくせぃです」など低年齢層と見られる書き込みも見られる。

「スマホ女衒」の暗躍も…

   さらにエスカレートして、「えん」や「¥」、「さぽ」といった言葉で売春を誘うような投稿も珍しくない。

「さ、ぽ。キボンヌ。横浜なうなう。確!実!に!会える人!よろろん」
「渡辺直美並みにデブですけど¥してくれる方居ませんか?」
「誰か、マネーちょーだい。なんでもします」

   逆に、人気漫画「ONE PIECE」キャラのアイコンを使って「パパを探してるエッチな女の子はいませんか?」などと募集する変態親父もある。ほとんど無法地帯といっていい。実際、2013年6月3日には警視庁がこのアプリを通じて18歳未満の女子高生らに売春相手を斡旋していたとして、男性2人を逮捕したと発表した。

   LINEの普及とともに、これを悪用する事例も相次いでいるが、実際に事件のきっかけとなっているのはこうした外部サービスが多い。LINE側では以前からこれらサービスが「非公認」のものであることを強調、サービス運営者に抗議や差し止め要求を続けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中