「きちんと検診に行こうと思いました」 麻美ゆま「勇気ある告白」に応援メッセージ続々

印刷

   人気AV女優の麻美ゆまさん(26)が卵巣の「境界悪性腫瘍」を患い、両卵巣と子宮を全摘出、現在も抗がん剤治療中であることを告白した。

   2013年2月に体調不良で療養すると発表して以来、「失踪」「音信不通」「妊娠」などさまざまな噂が飛び交ってきた。4月にファンの前に姿を見せた時は「激ヤセ」とささやかれ心配の声が上がったが、想像以上の重病が発覚し、衝撃が走っている。

「子供は産めなくなっちゃったけど結婚もしたい」

麻美さんのツイートは5000回以上リツイートされている
麻美さんのツイートは5000回以上リツイートされている

   麻美さんは13年6月6日、ツイッターで

「2月から体調不良でお休みを頂いてますが、応援してくださってる皆さんには、自分の口から本当の事をお話ししたかったので、今日この場を借りてお伝えします。。2月頭に、卵巣に良くない腫瘍が見つかり、手術を行い、現在抗がん剤の治療をしています」

と、長期療養の理由を初めて明かした。

   さらにこの日の東京スポーツ1面では、麻美さんの独占インタビューを掲載、詳しい病状が明かされた。

   1月くらいから腹部が張り始め、MRIや検査を進めるうち「卵巣がんの疑いがある」と言われ、2月25日に両卵巣と子宮を全摘出、胃の下に垂れている大網(だいもう)という部位も取る手術をした。病名は、良性と悪性の中間のような「境界悪性腫瘍」というものだったそうだ。

   がんではなかったが、直腸にも腫瘍が転移していたため、現在はそれを取り除くための抗がん剤治療をしているという。ほぼ絶食で8キロやせ、しびれや吐き気、脱毛など抗がん剤の副作用もあり、今なお厳しい闘病生活が続いているようだが、本人は「がんではないと分かって長生きできる。子供は産めなくなっちゃったけど結婚もしたい」「動けるときには動けるので、イベントでファンの方に会いたい」と前向きだ。読者には「卵巣の病気ってすごく分かりにくいことを実感したので、少しでも多くの方が病院に行くきっかけになってもらえればいいと思います」とメッセージを送った。

激やせで「薬物か」「摂食障害か」との憶測も出ていた

   麻美さんの体調不良が公になったのは13年2月2日、本人のツイッターで「体調不良でイベント中止」が告知された時だった。

   2月9日からは麻美さんが所属していたグループ「恵比寿マスカッツ」の全国ツアーが行われる予定だったが、7日に「体調不良の為、一部不参加」と告知。「今は体調が良くなるように療養に専念させて頂きます」としていた。

   2月22日に発売された写真集の告知を投稿してからしばらくツイートがなく、インターネット上では「消息不明」「整形失敗か」「心を病んだのか」などの憶測が溢れた。

   4月7日には恵比寿マスカッツのラストライブに出演し、久々に公の場に姿を見せたが、肉感的だった体つきが「ガリガリ」と言っていいほどに痩せていて、「薬物か」「摂食障害か」「カツラっぽいし、ガンか」など憶測が加速していた。

   今回の病気告白を受け、「マジかよ・・・・・・」「今年一番の衝撃トップ記事かも」「たのむうううううううう神様あああああああああああああ」などと書き込まれ、ファンにとってかなりの衝撃だったことがうかがえる。

   麻美さんのツイッターアカウントあてには、「どんな形であれ元気で我々の前に帰って来てください。お願いします」「これからゆまさんにたくさんの幸せが起こりますように」「ゆまさんの勇気ある告白を見て、きちんと検診に行こうと思いました。女性なら誰でも罹り得る病気ですものね」など、さまざまなメッセージが寄せられている。

   同じAV女優の蒼井そらさんも、麻美さんあてに「お前は私が守ってやる!」とリプライを送り、「ひとりの親友がある決断をした今日。そんな彼女を見ると背中をぐいぐい押される。負けてらんない。私も全力で頑張ろう。泣きごとなんて言ってられない」と気持ちを新たにしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中