「エロ男爵」本当にエロだった? 沢村一樹に「不倫」報道、事務所は否定

印刷

   下ネタ連発から「エロ男爵」のニックネームもある俳優の沢村一樹さん(46)に不倫疑惑があると、週刊文春が報じた。本当なら素顔もエロだったことになるが、事務所は否定している。

   お相手は、沢村一樹さんの自宅近くに住む都内の独身OL(27)だといい、週刊文春の2013年7月10日発売号では、一樹さんが5月末に行きつけのバーで知り合ったとした。

27歳美人OLのマンションに通う

   一樹さんは、妻と3人の息子がいるが、記事によると、このOLと連絡先を交換し、自宅マンションに頻繁に通うようになった。OLは、女優の小西真奈美さん(34)似の細身美人だそうだ。6月27日夜には、マンションに3時間ほど立ち寄り、うち1時間ほどは部屋の電気も消えていた。このほか、6月21日にはOLの勤め先から車で自宅まで送ったり、6月30日には2時間ほどマンションに立ち寄ったりしていた。

   文春が7月3日未明に一樹さんに取材すると、このOLに好意があることは認めたものの、関係については、はぐらかし続けたという。記事によると、最初は、「家は分からない」「1回だけ行った」などとしらを切り、セックスについても、「してたでもいい」「しました」などとはっきりしなかった。妻とは別れる気はないとして、妻が一番で、二番目がいるとすればこのOLだとも言ったという。このやり取りは、なんと1時間以上も続いたそうだ。

   一樹さんは、NHKのバラエティ番組「サラリーマンNEO」で「セクスィー部長」を務めたほどのイケメンだ。その一方で、「エロ男爵」のキャラも発揮し、下ネタトークを度々披露していた。

   主演したテレ朝系ドラマ「DOCTORS 最強の名医」の発表会見でも、下ネタの話題で注目を集めている。

「仕方が無い」「イメージダウン」と反応様々

   スポーツ紙などによると、2011年10月24日の発表会見では、共演した滝沢沙織さん(31)が、沢村一樹さんのことをセクハラトークだと指摘し、3回目の撮影で「一緒にお風呂に入ろう」と言われたと暴露した。また、続編の「DOCTORS2」が発表された13年6月28日の会見では、前回も一緒に共演した比嘉愛未さん(27)から、下ネタ発言について、「そろそろ怒るかも」と言われたほどだった。

   友人の俳優、竹野内豊さん(42)もバラエティ番組の中で、一樹さんが若い女性に「電話番号教えてもらえる?」と聞いていたと明かしている。

   今回の「不倫」報道を受けて、ネット上では、「さすがエロ男爵」「セクスィー部長だから仕方が無い」と理解する声はある。その一方で、「不倫をしたらエロキャラじゃなくってエロになってしまう」「これはイメージダウン」といった指摘も出ていた。

   また、主演ドラマ「DOCTORS2」が7月11日夜にスタートすることから、不倫疑惑は、話題作りの一環ではないのかとうがった見方も出ている。しかし、真相は不明だ。  一樹さん所属事務所の研音では、報道のあったOLについて、「仲が良い友人の1人と聞いております」とだけ取材にコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中