「ショムニ」2回目で視聴率急降下 過去の栄光にすがるフジは「視聴者舐めている」

印刷

   10年前の大人気ドラマを復活させたフジテレビの「ショムニ2013」2回目の視聴率は13.8%と初回(18.3%)から急降下してしまった。

   ネットでは「昔のヒットドラマの続編を作れば視聴率を獲れる安易な考え。視聴者をバカにしている」「相変わらずの安易なやり方だな」などといった感想が上がり、このままいくと視聴率1桁に落ち込んでしまうのではとの見方も出ている。

「前のメンバーのままでやってほしかったなぁ」

   「ショムニ」は1998年に始まり、その最終回は30%近い視聴率を記録し、2000年、02年とシリーズ化された。

   江角マキコ(46)演じる親分肌で上司もものともしないOLが、リストラ部署「庶務二課」の女子社員たちと暴れまわるのがウリだ。これまでのシリーズでは、江角の脇を宝生舞、京野ことみ、櫻井淳子、戸田恵子、高橋由美子が固めていたが、今回は江角以外のショムニOLを一新。ベッキー、本田翼、安藤サクラ、森カンナ、堀内敬子という20代の若手人気タレントや個性派女優を起用した。なお、江角の歯切れの良さ、白ブラウスにライトブルーのベスト・短いタイトスカートは健在だ。

   初回は旧メンバーも登場し、15分拡大版で平均視聴率18・3%とまずまずだった。ところが2013年7月17日放送の第2回では視聴率が13.8%と急降下してしまった。

   この数字に同調するように、ネットでは「前のメンバーのままでやってほしかったなぁ~~せめて戸田恵子さんは出続けて欲しいッス」などと、以前のメンバーを惜しむ感想や「変に成功体験があると難しいんだよ、抜け出すのが」「相変わらずの安易なやり方だな。脚本家がいないのね」とフジ制作陣への批判的な見方が相次つぐ。

   芸能評論家の肥留間正明さんは視聴率について、「テレビ業界でよく言われているのは、1回目よくて次に5%おちると、その次もまた5%落ちるという下降の原則。これで言ったらいずれ1桁になる可能性もある」と予測、さらに不調の理由について「フジテレビは視聴者を甘く見て舐めている」と指摘した。

「過去に成功したものをひっぱりだしてきたような番組ばかりやっている」

   肥留間さんによると、「最近のフジテレビは過去に成功したものをひっぱりだしてきたような番組ばかりやっている」。確かに、今クールにはショムニのほか、やはり99年から続く人気ドラマシリーズ「救命病棟24時」を目玉にラインアップしている。前クールでも「家族ゲーム」に、トレンディドラマの代表格「東京ラブストーリー」主演の鈴木保奈美を女優復帰させ主演に起用して話題を呼んだ。バラエティでは「料理の鉄人」をリバイバルした「アイアンシェフ」の事実上の打ち切りが記憶に新しい。

   こうやって古いものを安易に持ってくれば受けると思っているから、ショムニは「甘い」。人気ドラマシリーズの視聴者は、作品の登場人物が今はどうなっているのか――というのが気になって見る。それで期待をしていたら、20代のタレントが出てきて「ショムニじゃなくなっちゃった」というがっかり感が低迷の一因というわけだ。

「昔のメンバーのままやるか、江角も変えて全部新しくするかにすればよかった。これはキャスティングの失敗です」

   さらに、肥留間さんは「設定そのものが時代にそぐわず、無理がある」とバッサリ。

「江角が年を取りすぎている。46歳にもなって、企業ならふつう管理職とかになっていて、ドタバタと上とケンカする年齢ではない。30台前半のつっぱり姉ちゃんなら猿知恵や小狡さが笑えるわけでしょう。でもおばさんがそれやると、ただの悪知恵だから、笑うに笑えない。あんたまだそんなことやってるの?と視聴者だって冷めた見方をします。それに、今の時代にあんなことやっていたらすぐクビですよね」

   では、どうすれば「ショムニ」の起死回生が図れるのか。比留間さんはこう提案している。

「江角マキコはスタイルがいいから、今でもミニスカートが似合うけど、そろそろロングスカートのほうがいいかもね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中