「ツイッター」に英国で新規定が追加 「罵倒や嫌がらせは禁止」日本でも導入へ

印刷

   「特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせは禁止」――ツイッターにこんなルールが追加された。イギリス版の公式ブログが公表した。今後、ツイッターは攻撃的なツイートをユーザーが直接通報できる仕組みを整えていくという。

   日本でも有名人に対して「死ね」などと罵倒のツイートが送られ、たびたび話題になるが、イギリスでは問題はより深刻だったようだ。

女性運動家や女性記者に爆破・レイプ予告

   英国では特定のユーザーに対するレイプや爆破予告が相次いで大問題化し、ツイート通報ができるよう嘆願する署名運動が起きていた。

   事の発端はイングランド銀行(英中央銀行)が、新10ポンド紙幣の肖像画に「高慢と偏見」などで知られる英女性作家のジェーン・オースティンの採用を発表したことだ。実現に向けロビー活動をおこなっていた女性運動家らのツイッターアカウントに、2013年8月はじめにレイプ予告や脅迫的な内容のふくむ嫌がらせのツイートが、複数の人物から大量に送りつけられた。

   この他、英ガーディアン紙、英インディペンデント紙、タイム誌の女性記者らに爆破予告などのツイートが寄せられた。ほとんどは匿名のミソジニー(女性嫌い)からと見られ、ツイートは「レイプ」「セックス」と繰り返すほか、「女は台所にいろ」など、粗暴な言葉が目立つ。

   これを受けて、英国ではツイッター社に「ツイート通報ボタン」の設置などの対策を求める電子署名運動が起こり、約12万4000の署名を集めた。また、「攻撃」をおこなった20代男性2人が逮捕された。

   こうした中、ツイッター社は13年8月3日、こうした嫌がらせ行為への対応要員を増やすとともに、ポリシーを以下のように改めると発表した。

「Twitterは、異なる意見、意図、観点を持つユーザーで構成される、グローバルなコミュニケーションを提供するプラットフォームです。コンテンツに関する意見の調整やユーザー間の紛争を仲裁しないことがTwitterのポリシーです。ただし、特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせはTwitterルールやサービス利用規約違反と見なされる場合があります」

「現実世界で容認されないし、ツイッターでも許されない」

   ツイッターはルール・規約違反のツイートを「報告」する機能をすでにiOS版公式アプリに実装している。今後数か月以内に、Android版公式アプリやブラウザ上のウェブ公式アプリでもこのボタンを設置し、ユーザー同士で通報しあえる仕組みをつくって「ユーザーにとって安心できる場にする」という。

   では、いったいどんなツイートが「特定の人物に向けた罵倒や嫌がらせ」と受け取られる可能性があるのか。イギリス版のポリシーでは、

・複数のアカウントから一人のユーザーに対してメッセージを送りつけること
・攻撃的なメッセージを他人に送ることだけが目的のアカウントであること
・報告された行為が、一方的であるか脅迫を含んでいること

との基準を示す。また同社は「彼らが受けた中傷はまったく受け入れがたいものです。それは現実世界で容認されないものであり、ツイッターでも許されないものなのです」――と英ガーディアン紙にコメントした。

   この条項は現在日本語版のルールにはないが、ツイッターが全世界で画一的なサービスを提供していることを考えると、日本でも適用される可能性は高そうだ。

   SNS内での誹謗中傷やわいせつ発言、脅迫は国内でも問題になっており、京都府などが「いやがらせ行為」と条例と定め、取り締まり対象としている。最近では帝京大学の学生が教授に対して誹謗中傷をおこなったため、停学処分を受けたとする画像も出回った。

   ただ、こうした規制に対してネットでは、元衆議院議員のみやけ雪子氏が「明らかな犯罪(違法)行為はわかるものの、それ以外は何が『攻撃的投稿』になるのか、表現の自由もあり、非常に線引きが難しい問題」と指摘するなど、「自由が失われてつまらなくなる」と懸念する声も多い。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中