女子中学生を裸にしテーピングした写真を撮った男性教諭を懲戒免職

印刷

   岡山市教育委員会は、市立中学校の50代の男性教諭が女子生徒を校内で裸にして写真を撮影したため懲戒免職処分にしたと2013年7月6日に発表した。

   この男性教諭は13年6月と7月に顧問をしている部活の女子生徒が腰の痛みを訴えたため「テープを貼ると楽になる」などといって服を脱がせ、肩から腰にテーピングを施した。そしてテーピングした体の前や後ろをデジタルカメラで十数枚撮影した。教諭はテープを貼った効果を本人に見せるために写真を撮影した、と説明したが、市教委は「わいせつ性が高い」と判断し懲戒免職にした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中