人があふれて乗れない! 台風26号で首都圏の通勤の足、大混乱

印刷

   台風26号の影響で首都圏では2013年10月16日朝、JRや私鉄に大幅な遅れが出たほか運休も発生し、通勤の足が大幅に乱れた。ツイッターには出勤途中の人から、「人があふれて乗れない!」といった悲鳴のツイートが次々に投稿された。

   下北沢駅で冠水した小田急線でも、通勤の足が大混乱した。

   利用者などからは、

「小田急動いてなかったので京王で新宿迂回したら山手線止まるというステキコンボ」
「小田急ダメだとなると京王線に迂回しよう。 でもこの南武線登戸止まりなので稲 田堤まで行けず」
「普段30分かからないところが一時間半かかったよ(涙)そして山手線動いてない…オ レ会社にいつ着けるんだろ(遠い目)」

など、混乱している様子が次々に投稿された。その後、復旧作業が行われ、8時半ごろには排水が完了した。下北沢駅は混雑解消のため、3月に地下化されたばかり。小田急線は10時10分から通常速度での運転を再開したが、その後も遅延が発生している。混乱したのは小田急ばかりではない。

JR、私鉄問わず「多摩川越え」がネック

武蔵小杉駅構内の様子。長蛇の列が延々と続く
武蔵小杉駅構内の様子。長蛇の列が延々と続く

   運転を再開した路線でも、通勤客がつめかけるなどしてかなりの混乱が発生しているようだ。

   東急東横線は9時台に運転を再開したものの、駅・電車ともに「すし詰め」状態となっており、各地で悲鳴が上がっている。東急目黒線やJR横須賀線など複数の路線が乗り入れる川崎市の武蔵小杉駅では入場規制がかけられ、改札から階段にいたるまで長蛇の列が。都内の企業に勤務する会社員は、

「10時30分ごろから15分ほど並んでみたが、ほとんど一歩も前に進めない状態。構内などではベンチなどで時間をつぶす『通勤難民』のサラリーマンが大勢いましたよ」

と語る。

   また、JR東日本は、ほぼ首都圏全域で始発から大幅に本数を減らした。特に山手線、横須賀線、中央線といった主要路線は運転を見合わせ、通勤客が身動きが取れない状態になった。

   JR、私鉄問わず「多摩川越え」がネックになった。例えば東急田園都市線の場合、二子玉川駅付近に設置されている風速計がたびたび基準値を超え、そのたびに断続的に運転を中止。通常では50分で行ける中央林間-渋谷間が2時間程度かかった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中