「米国は日本に慰安婦謝罪を促すべき、安倍首相は元慰安婦と面会せよ」NYタイムズ系列紙

印刷

   米ニューヨーク・タイムズ系列紙「インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」は2013年11月14日、慰安婦問題について、「米国は日本に謝罪を促すべき」とする論考を掲載した。筆者は朝鮮半島情勢の専門家として知られるビクター・チャ米ジョージタウン大教授、政治学者のカール・フリートホーフ氏。

   日韓確執が米国のアジア戦略の障害となっているとの立場から、「最大の歴史問題」である慰安婦問題の解決のため、日本が「正式な承認と謝罪」、「安倍晋三首相による元慰安婦女性との面会」などを受け入れるよう、米国が後押しする必要があるとしている。一方で韓国側が国内の「反日」を理由に対話を拒むことも批判し、やはり米国の働きかけが必要だと論じた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中