日本の航空会社、中国の防衛識別圏への飛行計画提出取りやめ

印刷

   日本航空(JAL)と全日空(ANA)は2013年11月27日から、中国が新たに設定した防空識別圏を通過する便について、中国当局への飛行計画提出を取りやめた。中国当局が11月23日に「ノータム」(NOTAM、航空情報)を通じて防空識別圏設定を伝えてきており、両社は「ノータムには従わざるを得ない」などと説明していた。

   だが、11月26日に「官民一致して対応」することが必要だとして、国土交通省が「定期交通協会」を通じて、各社に対して飛行計画を中国当局に提出しないように求めていた。両社はこの要請を受け入れることをきめ、JALはその理由を「当該空域を飛行する航空機の飛行計画を中国政府に提出しなくても、ご利用いただくお客さまの安全に問題はない」ことが確認されたためだと説明している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中