日本郵便も常温配達、半年間で1755件の損害賠償を伴う事故

印刷

   日本郵便は、「チルドゆうパック」を取り扱う全国4835の郵便局のうち650局で、荷物を常温で配達するなどの問題があったことを、2013年11月27日に明らかにした。半年間で1755件の損害賠償を伴う事故が起きていたことも公表した。

   記者会見で、諫山親・専務執行役員は「不備があったことを真摯に受け止め、お客さまにおわび申し上げる」と謝罪した。

   同社は11月からチルドを取り扱う全国4835の郵便局で46項目の緊急立ち入り点検をした結果、453局で10月下旬以降も問題が続いていたことが判明。冷凍庫の故障など機材の問題や冷凍庫内の温度が規定を超えていたなど取り扱いの問題を確認した。保冷バッグ用の温度計が足りず、温度管理自体ができていない局も多くあった。

   日本郵便は12月の歳暮期を前に、業務研修や立ち入り点検などをするとともに、不足機材を補充する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中