「餃子の王将」社長殺害にネット騒然 「毎朝本社前で掃除」を狙われたのか

印刷

   「餃子の王将」で知られる王将フードサービスの大東隆行社長(72)が2013年12月19日朝、本社ビル前で射殺された事件をめぐり、ネットが騒然としている。

   突然の犯行への驚き、怒りももちろん、日ごろ「餃子の王将」に通っていた、今も通っているという人も少なくなく、追悼ムードも強い。

つんく♂さんも絶句

大東社長の死去を発表した「餃子の王将」公式サイト
大東社長の死去を発表した「餃子の王将」公式サイト

   驚きの声としては、ミュージシャン、プロデューサーとして知られるつんく♂さんがツイッターで「ええ?!」とつぶやいたのを始め、弁護士の紀藤正樹氏もやはりツイッターで、「信じがたい。何があったのか」と絶句した。一般のユーザーからも、

「王将の社長が?!」
「餃子の王将の社長撃たれたん?王将めっちゃ好きやのに。何があったんやろ?」

などとあ然とする人が続出する。

   餃子の王将は全国に店舗を展開しており、その味に日ごろ慣れ親しんだ人も少なくない。その社長の突然の死に、追悼の声も次々と上がっており、大学時代を同社の本拠地・京都で過ごしたバンド「アーバンギャルド」の松永天馬さんも、

「王将は京都に在学する男子大学生のソウルフードと言っても過言ではありませんでした。王手されることなかれ。R.I.P.社長」

と投稿、「今日は王将食べるか…」という人も数多い。

直前に「朝は掃除」の記事が配信されていた

   それにしても、早朝になぜ本社前に社長がいたのか、と首をかしげる向きが多いが、実は大東社長はかねてから、毎朝会社の周囲の掃除をして回っていたという。以前からの習慣として一部では有名だったが、ちょうど2週間前の5日にはニュースサイト「NEWSポストセブン」にこの習慣が取り上げられていた。ツイッターなどでも、この事実が改めて紹介され、話題になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中