喜多嶋舞、元夫・大沢樹生と息子の「父性確率0%」報道に「非常に憤りを感じる」

印刷

   元「光GENJI」の大沢樹生さん(44)と女優の喜多嶋舞さん(41)の間に生まれた16歳の長男が、大沢さんと血縁関係がなかったと報じられたことについて、喜多嶋さんが2013年12月24日に報道各社にファクスを送った。

   喜多嶋さんは「私的なことでお騒がせしてしまったことを大変心苦しく思っております。この件に関しましては16歳の少年を巻き込むものであり、なぜ今このようなことが突然書かれるのか、非常に憤りを感じております」とコメント。息子の親権に関しては、「以前に親権を渡してしまったことを後悔しておりましたが、本年9月17日に再度調停を行い、無事親権を取り戻しました」と説明し、現在は本人の希望により米国に住む喜多嶋さんの両親と新生活を始めたと明かした。なお、大沢さんが本当の父親かどうかについては触れていない。

   大沢さんと息子との血縁関係を巡っては、12月24日発売の「週刊女性」が「DNA検査をしたところ『父性確率0%』という結果が出た」などと報じた。大沢さんは同日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)による直撃取材で、検査結果について「事実は事実です」と認めるコメントをしていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中