「悪い子にはお仕置き」 猫を「瓶詰め」、台湾の女子大生が書類送検

印刷

   飼い猫を保存容器に詰めた写真をフェイスブックで公開した台湾の女子大生が炎上する騒動が2013年12月23日に起きた。

   写真公開後、フェイスブックには批判の声が殺到。女子大生は謝罪するも、動物保護法違反の疑いで書類送検されるまでに発展してしまったようだ。

「新しい持ち運び方を共有したかった」

女子大生が公開した猫画像(Facebookより)
女子大生が公開した猫画像(Facebookより)

   台湾「中央社」など複数メディアによると、女子大生はペットの白猫を保存容器に詰め、フェイスブック上で「猫の缶詰、悪い子にはお仕置き」とのコメントとともに写真2枚を公開した。プラスチック製の透明容器の中には、狭苦しそうに体を縮こまらせている猫が入っている。一般的に狭いところが好きと言われる猫だが、容器はふたも閉められている。

   すると、公開後間もなくして批判が殺到し、フェイスブックは「炎上」状態になってしまった。これを受け女子大生は画像をすぐに削除。週末に猫を連れて出かけようとしたのだが、猫がキャリーケースを嫌がったため、試しに容器に詰めたと経緯を説明した。フェイスブックで写真を公開したのも友達たちと新しい持ち運び方を共有したかっただけで悪意はないと釈明し、自身の行いを反省した。

瓶詰猫画像、ネット上に多数

   ここまでなら日本でもしばしば起きる炎上事件のように思えるが、この学生、なんと台中市の動物保護防疫処によって24日に台中地検へ書類送検されてしまったのだという。彼女の行為が動物保護法に抵触する疑いがあるというのだ。報道によると、有罪となった場合は1年以下の懲役または拘留、3万台湾元(約10万円)以下の罰金などが科される場合があるという。

   日本でも「これはあかんやつや」「猫が窒息死するよ」「なんつーひどいことを!どぶに落ちろ」などと批判する声も上がっているが、一方で「このくらい猫だって喜んでやってると思う」「もしこの状態が数時間続いたなら虐待だろうが猫が飽きて抗議の声あげたら助け出してあげてんでしょきっと」などと騒ぎ過ぎとみる向きもある。インターネット上で猫の画像を検索すると、同じような瓶や容器に入っている写真がいくつも見つかる。中には今回のようにふたをしているものもあるが、こちらは可愛さ余ってやっているようだ。そうすると、今回の女子大生の炎上は「お仕置き」というコメントが問題だったのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中