アッコ、マスコミ求める「ご意見番」に苦笑い… 「で、誰が聞きたいんですか?」

印刷
今年は激怒せず
今年は激怒せず

   和田アキ子さんといえば芸能界の「ご意見番」としてすっかりお馴染みだが、ご本人はさすがにその役割にお疲れ……なのかもしれない。

   2013年12月29日、NHK紅白歌合戦の音合わせを終えた和田さんには、多くのマスコミが群がった。和田さん自身のステージの話もそこそこに、記者たちは「今年の芸能界を振り返って……」とマイクを向ける。毎年定番の「アッコ激怒」的な話を狙ったのだろうが、和田さんは静かに苦笑い。

「で、誰が聞きたいんですか?」

   安直な思惑を見透かされた格好の記者たちはおずおずと、「浜崎あゆみさんとか……」と尋ねるが、和田さんは「独身だから別にいいんじゃないですか」とそっけなく、マスコミ期待の「ご意見番」トークは空振り気味だった。

   たださすがは和田さんというべきか、同じ事務所の後輩で司会者の綾瀬はるかさんを、「あいつ本当天然ですから」と心配してみせるなど、「おいしい」話題はきっちり提供していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中