紅組は綾瀬はるかがダントツ「一番『良かった』」 J-CASTワンクリック調査

印刷

   NHK紅白歌合戦の出場歌手と司会者の中で「一番『良かった』」人やグループをJ-CASTニュースのワンクリック投票で聞いたアンケート結果(2014年1月1日15時時点)がまとまった。アンケートでは、紅組、白組の出演者一覧から1票ずつ投じてもらった。アンケート開設から19時間で紅215票、白244票の投票があった。

   紅組で最多得票だったのは、司会の綾瀬はるかさん(32%)。リハーサルで心配されたとおり本番でも言い間違いを連発したが、それを本人の「天然ぶり」や元々持っている好感度でカバーしたようだ。2位以降は、紅組のトリを務めた高橋真梨子さん(10%)、AKB48(8%)、ももいろクローバーZ(同)だった。

   白組で最多得票だったのは、アクロバティックな技を披露したのは実はメンバーに似た本物の選手だった、というオチがついたゴールデンボンバー(16%)。2位はアニメ「進撃の巨人」で話題のオープニングテーマ「紅蓮の弓矢」紅白特別バージョンを披露したLinked Horizon(14%)、3位は、リハーサルでスタッフに怒鳴ったことが話題になった泉谷しげるさん(14%)だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中