ホワイトハウスで日韓の「サイバー戦争」 慰安婦像巡り「撤去」と「守って」が火花

印刷

   米グレンデール市の従軍慰安婦像をめぐる「空中戦」が激しさを増してきた。「テキサス親父」ことトニー・マラーノさんによる、撤去を求めるホワイトハウス宛の請願が受理に必要な10万件を超える一方で、韓国側では像の保護を求める請願も始まった。

   韓国メディアは、活動を紹介しながら「サイバー戦争が繰り広げられている」などとあおっている。

日本側の請願活動には12万人が賛同

韓国側の請願。「平和の像を守らなければならないと思います」と主張している
韓国側の請願。「平和の像を守らなければならないと思います」と主張している

   ホワイトハウスのウェブサイトで行われる請願では、その内容が何であれ、30日以内に10万件の賛同が得られれば、ホワイトハウス側が何らかの見解を示すことになっている。

   親日家で知られる「テキサス親父」が2013年12月11日に投稿した請願の文面は、

「カリフォルニア州グレンデールの市立公園に建てられた像を撤去してください。この像は『平和の像』を装う慰安婦像で、その銘文を読めば分かるように、本質的には日本人と日本への憎しみをあおっています」

という内容で、14年初めには10万件を突破。1月8日時点では12万件に達している。近いうちにホワイトハウス側から何らかの見解が示されるとみられる。

   韓国側も黙ってはいない。1月4日には、こんな内容の請願が始まった。

「昨日、『平和の像の撤去を求める請願』への賛同が10万件を超えたと聞きました。しかし、平和の像は、第二次大戦中の日本帝国主義による軍隊によって、性的奴隷制度の犠牲になった人を象徴するものです。歴史を正しく知らなければなりません。ですから、平和の像を守らなければならないと思います」

韓国側は賛同数が7時間で3倍近くに急増

   もちろん、韓国メディアはこの請願の「応援団」だ。たとえば朝鮮日報は、韓国側の請願活動を「応戦」と表現し、日本側の請願活動や、日本維新の会に所属する議員3人がグレンデール市議会を訪問して像の撤去を求めたことなどを「執拗な妨害活動を繰り広げている」と非難した。また、日韓の相次ぐ活動について「サイバー戦争が繰り広げられている」と報じている。

   朝鮮日報の記事によると、韓国側の請願には1月8日9時45分時点で1万件強の賛同が集まっていたが、17時時点では約2万8000件と3倍近くに増えている。朝鮮日報の記事には韓国側の請願へのリンクが張られており、これが賛同数を増やした可能性もある。

   日本側の請願をめぐっては、投票に必要なアカウントを一人で複数作成して票を水増しするといった不正行為も指摘されているが、「請願を無効にしようとする韓国側の妨害工作だ」といった声も出ている。韓国側の請願でも同様の動きがあるとみられ、日韓の攻防は続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中