高須クリニックが日テレ「明日ママ」スポンサーに名乗り 「僕はがんばる人たちを応援したいだけ」

印刷

   「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設けている慈恵病院や、児童養護施設の団体などから「不適切な内容」だと批判されている日本テレビ系連続ドラマ「明日、ママがいない」。

   2014年1月29日放送の第3話でスポンサー8社全てがCM放送を見合わせることになったが、美容外科医院「高須クリニック」の高須克弥院長(69)が2014年1月28日、ツイッターで「今からスポンサーになる」と発表した。ネットの一部では「かっこいいな!」「成功者は判断が早い!」などと喝采が上がっている。早ければ1月29日の放送分からCMが流れるのだという。

「僕が全部CMを買うよ」と宣言!

「全部買うよ!」とツイート
「全部買うよ!」とツイート

   高須院長は自身のツイッターで、「明日、ママがいない」の全スポンサーがCM放送を見合わせた、という記事をリンクしてこう書き込んだ。

「『僕が今からスポンサーになるからしっかりやってくれ』といま日テレと電通に連絡したぜ。今夜のオンエアに間に合うといいな♪なう」

   そして、放送は今夜ではなく明日だと訂正。なぜスポンサーに名乗りを上げたのかについて高須院長は、

「僕はがんばる人たちを応援したいだけ」

と説明している。ただし、その後のツイートは少しトーンダウンしていて、現状のスポンサーたちは自分が新しいスポンサーになることを歓迎していないようだ、などと打ち明けている。そして、

「もめてるらしい。僕の申し出は博報堂、電通、日テレ全てが喜ぶ提案だよ。僕が全部買うよ!」

と決意表明し、自分がスポンサーになれるように後押ししてほしいなどとも書いている。

ネットでは大歓迎ムードだが「それは無理な話」という意見も

   この高須院長のツイートにネットの一部では大きな喝采が上がっていて、

「やるんじゃないかなと思ってた」
「流石としか言いようがない」
「かっこいいな」
「整形するなら高須クリニックにするわ!」

などといったコメントがネットの掲示板やツイッターに出ている。

   ただし、高須院長がツイッターで書いているように他のスポンサーが歓迎していないとなれば実現は難しいのではないのか。ツイッターには今回の電撃スポンサー参戦についてこんなふうに考えている人もいる。

「そらあ無理だ、番組スポンサーは『CMは引き上げたけど提供は引き上げたわけじゃない』状態だもの。番組を敵視してではなく、番組を敵視する人々を味方にしたい故の自粛ってこと」

などだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中