夏野剛「SuiCa使えない駅構内の店は撤去、業者入れ替えろ」 ネットで「何様のつもりだ!」と非難殺到し「ツイッター」炎上

印刷

   NTTドコモでiモードやおサイフケータイビジネスを立ち上げたことで知られる、ドワンゴ取締役で慶應義塾大学特別招聘教授の夏野剛さん(48)がネットで袋叩きにあっている。

   夏野さんはJR駅構内の店舗で買い物をしようとしたが、なぜか電子マネーの「Suica」が使えず、現金を持ち合わせていなかったため買うことができなかった。残念な話で終わらせればよかったのだが、よほど腹に据えかねたのか「速やかに撤去し業者入れ替えよ」などと過激な言葉を「ツイッター」に書き込んだため、「何様のつもりだ!」と夏野さんのツイッターが「炎上」した。

「それとも何かの利権か?」

   夏野さんは2014年2月3日に自身のツイッターにこんなことを書き込み写真をアップした。

「秋葉原駅構内ホームの『ミルクスタンド』で飲み物買おうとしたらSuiCa使えず、『現金のみです』だって。速やかに撤去し業者入れ替えよ。それとも何かの利権か?」

   写真を見るとどうやらJR秋葉原駅総武線ホームの「ミルクスタンド」のようだ。この店はJR秋葉原内店舗の中でも老舗中の老舗で、通勤時間帯にサラリーマンなどが牛乳とアンパンを買って立ったまま喉に流し込んでいる姿がよくTVなどでも紹介されている。「通勤途中のオアシス」などと呼んでいる人もいる。

   夏野さんは現金を持ち歩かない主義なのだそうだが、「現金しか使えないから困ってしまった。不便だ」で終わらせればいいのに、「こんな店は直ぐに撤去しろ」「何かの利権か?」などと余計なことを書いたため批判が殺到し「炎上」してしまい、

「夏野剛って何様のつもりだよ!?」
「現金を全く持ち歩いていない事を棚に上げ、店が全て悪い様な言い方をしている」
「自分の思い通りにならなくて癇癪起こしている幼児と同等かそれ以下」
「若者のバカッターを笑えない慶應のセンセw」

などが書き込まれた。

Suica端末の設置はテナント負担のため費用対効果で難しい

   夏野さんはこうした批判に対し、

「どうしてJR構内でSuiCa使えないと言うのが何様と言われるのか。愕然とする」
「(Suicaに)対応すれば入れ替えなくていいけど、おばさんの頑なさは感じたよ」

などと反論したが、2月4日未明に、

「もう寝ます。みなさんお付き合いありがとうございました」

と書き、この話を打ち切った。

   ところで、どうしてJR東日本駅内の店舗ではSuicaで買い物ができる店とできない店があるのだろうか。JR東日本の広報に話を聞いてみたところ、Suicaが使用できる店舗の拡大に努めているけれども、端末を設置してもメリットの少ない業種やテナントの意向もあるため未だに使用できない店が残っているのだそうだ。

「Suica端末の設置費用などはテナント側の負担ということもあり、費用対効果で設置を見合わせるテナントもあるようです」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中