65歳以上の働く高齢者、636万人 就業者全体の1割に

印刷

   65歳以上の高齢者の就業者数は、2013年に前年比7%増の636万人となり、就業者全体に占める割合が初めて1割を超えた。2014年2月18日付の日本経済新聞が報じた。総務省の労働力調査によると、13年の就業者数は12年に比べて41万人増の6311万人。15歳から64歳の働き手の中核である「生産年齢人口」が前年よりも123万人減った一方で、実際に働いている就業者は6年ぶりに前年を上回った。65歳以上の働く高齢者が増えたためとみられる。

   少子高齢化を背景に欧米の主要国の1~5%を上回っており、日本が高齢者雇用で世界に先行していることを裏づけた。

   13年4月に改正した高年齢者雇用安定法で、企業は60歳以上の高齢者の継続雇用を求められており、こうした動きが65歳以上の雇用増にもつながっている。

   日本では65歳以上の人口のうち、仕事に就いている人や働く意欲がある人の割合(労働力率)が12年時点で19.9%に達する。定年制のない米国も18.5%と高いが、英国やフランスは一桁にとどまっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中