菅元首相「原発再稼働」で政府に質問主意書

印刷

   政府は2014年2月21日、菅直人元首相の質問主意書に対する答弁書を決定した。首相経験者による質問主意書の提出は初めてだという。

   菅元首相のブログに掲載された質問内容は、「停止している原発を再稼働させる場合、原子力規制委員会は原子炉等規制法に基づき、新規制基準に適合するときにのみ再稼働を認可することができると承知しているがそれで正しいか」「地域防災計画を策定する30キロ圏の自治体が福島原発事故のような原発事故が起きた時には安全に避難することは困難と判断した時には再稼働の是非はだれが判断するのか」など5項目。

   これに対して答弁書では、「原子力規制委員会は新規制基準への適合性について審査を行っているが、地域防災計画に関する事項は含まれていない」「地域防災計画については都道府県及び市町村において作成等がなされる」との内容だったと、菅元首相はブログで報告した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中